ブログ始めました。

パーソナルファイナンス 60歳以降の方の「暮らし」にまつわる情報を書きます。

 ニッセイ基礎研究所によりますと、各世代別の物価上昇率を分析すると、2014年からの4年間で60歳以上では39歳以下の1.5倍になったそうです。この間の物価上昇率は60歳以上の世代は5.5%だったのに対し、39歳以下では3.9%にとどまり、1.8%の差が出ました。

 60歳以上の世代の支出ウエイトの高い食料の物価上昇率が高く、住居関連や交通通信費が39歳以下では物価が下落しているが、60歳以上の
 支出ウエイトが低く、結果として60歳以上の世代の物価上昇率が39歳以下の世代より高くなっています。

物価上昇が年率2%を超えない云々で超金融緩和が続いていますが、物価上昇にこんな視点も必要です。

 

2018年08月17日