認知症でお金の管理ができなくなったら、どんな方法がある?

認知症の発症者は内閣府の推定値によると、2015年には517万人~525万人(※1)になっているとされています。
多くの認知症者には家族がおり、日常生活支援とともにお金(金融)の問題は大きな課題となっています。
ここでは、日常的な家族間での金銭管理の問題というよりは、制度と法律的な認知症者の金融問題にスポットを当ててみることにしましょう

以下詳細はファイナンシャルフィールドをご覧ください。

2019年10月23日