マンションの老朽化・築後40年経ったらどうします?

マンションに住む人は大変多いです。
国土交通省のデータによると平成30年末で分譲マンションの総ストック戸数は654.7万戸、居住する人は約1525万人と推計されており、これは国民の1割以上にあたります。


新築されたタワーマンションの快適なシティライフが話題となる一方で、実は、築40年を超えて老朽化するマンション数も81.4万戸と、マンション総ストック戸数の12%強になっているのです。
ここでは、老朽化するマンションについて、主に区分所有者として居住する人の立場で考えてみましょう。

 詳しくはファイナンシャルフィールドの記事をご覧ください。

2020年01月10日