「50・60歳代、自分で運用を考えてみる人」のための投資運用は?

人生100年時代とも言うように、思ったよりも長生きしそうな時代、私たちを待ち構えているのは「資産寿命をどう伸ばすか」という課題です。

収入を増やし、支出を減らすのは、いつの時代にも変わらない原則ですが、少しでもリターンを生む資金運用は、これからリタイアを迎える世代には大切な選択ではないでしょうか。
ここでは、50・60歳代となり、老後資金のための投資運用に初めて取り組む人に向け、環境の説明と道先案内をまとめてみました。

くわしくはファイナンシャル・フィールドをご覧ください。

2020年01月23日