自宅・保険を使った熟年・老後資金の調達法

元気な両親や10歳程度年上の先輩を見ていて、自分が思ったより長生きしそうだと考える人は、60歳・70歳代でも結構多そうです。
確かに近年、長生きする人が多いですが、熟年・老後資金をどう確保するかというのは、これからの大きな課題として見えてきました。

50代から貯蓄・運用と支出計画を考えるのがベターですが、70歳代になって現実に直面した場合はどうすれば良いでしょうか。
増収を図るという選択もありますが、今回は、自宅・保険などを活用した資金調達をテーマに考えてみましょう

くわしくはファイナンシャル・フィールドをご覧ください。

2020年01月29日