自宅を使った熟年・老後資金の調達法 

熟年・老後資金をどう確保するかというのは、60代以降の人にとっては、身近な問題ではないでしょうか。多くの人にとって、熟年と老後生活を維持する資産は、一般的に年金・金融資産・自宅の3つになります。
増収を図るのが難しい70歳代になって、80歳以後の資金が少し足りないという現実に直面した場合などを想定して、自宅を活用した資金調達をテーマに考えてみましょう。

老後資金の基本
公的年金はすべて終身となっていますが、多くの会社の企業年金(DB・DC)や私的年金は、80歳までの定期年金になっています。
DB・DCの給付がなくなった後の期間が、10年~15年続くと手元資金の不足が予測されます。そんな時、自宅の活用も一つの方法ではないでしょうか。
 *DB=確定給付年金、DC=確定拠出年金

主なきあとの自宅と老後資金
80歳以降も取り崩せる金融資産を持つことは理想ですが、60歳後半では(残せなかったという)結果が出ていると言えるのではないでしょう。そんな場合を想定したプランです。

65歳以降も働いてやっと迎えた70歳、ここで支出をセーブするのは、のんびりと楽しめる時代と考える人が多い中で、いかがなものでしょうか。

一方で、永年払った住宅ローンを完済した自宅ですが、どうしましょうか。
子ども達は、意外と別の地域で自分達に合った住まいを入手しているケースも多くあるようです。

ここでは、80歳代で老後資金が少し不安になる場合を想定して、生活資金捻出と自分の家を最後はどうするのかを合わせた対応策を考えてみましょう。

「住み替え」「リースバック」「リバースモーゲージ」があります


住み替え
住み替えは、子ども達の独立後、それまで相当期間住んだ宅(戸建て・マンション)から、少し小振りの住まい(マンションなど)に移るため、売却するケースが考えらます。

目的は、少し手狭な住まいに移ることで、生活コストを下げることと、自宅の売却額から新規購入額を差し引きして得た資金で、何年分かの生活資金を確保することができます。
住み替え先は、自己名義マンション等の取得のほかに、賃貸住宅や高齢者住宅という選択もあります。

ただ、住み替えは便利な立地や快適さの点で、我慢をしなければならないことも起こりそうです。家族とよく話し合いながら、70歳代から2-3年間をかけて取り組むことが大切でしょう。
その際の、売却と生活コストを減らして確保する資金の目安は、5~10年分が確保できれば良いのではないでしょうか。

リースバック
自宅のリースバックとは、自己所有の土地建物(マンションなど)をいったん売却して、引き続きその居宅に住むケースです。

最大のメリットは、売却するので、一括して売却資金を入手することができることです。そして引き続きその家に住むことができるわけですから、日常生活はそのままということになります。
また、固定資産税や、マンションでは必要な管理費・修繕積立金などが不要になり、支出管理はシンプルになります。

デメリットは、毎月家賃を支払う必要があることです。
また、売却価格が通常の売却と比べて安くなるケースが多いと言われています。
賃借期間が限定される定時賃貸契約が前提になるので、どの程度の期間になるか決めておく必要があります。

高齢者施設への入所までの期間(5年程度)などであれば、住み替えに伴う支出や、高齢になった後での引っ越しのことを考えた場合は、良い選択になりそうです

リバースモーゲージ
リバースモーゲージの最大の特徴は、自宅を所有したままで、生活資金などの融資を受け、死後に自宅を売却して借りた資金を返済するというものです。

リバースモーゲージは、老後資金の確保の方法として、話題となることが多いのですが、全国的には利用に格差があります。

また、法定相続人の承認が必要なこと、対象は戸建て中心であること、東京以外では扱う金融機関が限定されるなどの点で、徐々に伸びていますが、広く利用されるには至っていません。

住み替え・リースバック・リバースモーゲージのいずれかを選択するに際しては、信頼できる不動産業者や銀行との相談が不可欠です。自宅を買った際の業者や新しい業者の合も、1-2年のお付き合いの中で信頼できる関係を構築できることが大切でしょう。
最後の不動産取引になる可能性が強いわけですから。

子なし世帯や独身の場合は?
子どもが居なくて自宅のある人は多いし、また独身でも自宅マンションに住む人は大勢います。
そんな場合は、この自宅をどう活かすか、処分するかは、最後はこども達に委ねることができない分、自分で決めることが求められます。
つつましく暮らして、最後にそれなりの価値のある自宅を残して逝ってしまうのも、何か勿体ない気がします

結局は、上記の3つが参考になるのではないでしょうか。

まとめ
自宅を子ども達や信頼する人に託すという選択もありますが、夫婦が協力して作ってきた資産を、自分たち主導で有効活用して人生を全うするというのがもうひとつの選択ではないでしょうか。
今回の3つの選択は、そんな考えを具体化する案として考えて貰えばと思います。

とりわけ、子無し世帯や独身者にとっては、考えるきっかけとなればいかがでしょうか。

2020年06月02日