高齢者のすまいと介護施設の最新事情

高齢者の介護施設に関する状況が、少し変わってきているようです。
コロナ禍での面会禁止やクラスター発生の話題は多いのですが、介護スタッフの不足や特養の入所待ちの話がトーンダウンしているのでしょうか。
特養の入所基準や介護保険の利用者負担が変わるなどの一方で、特養を含む高齢者施設が多数新設されるなど、高齢者向け施設を取り巻く環境が変わってきたからでしょうか。
ここでは、高齢者の住まいと介護施設の最新事情について見てみましょう。

特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅
高齢者介護施設は上記の3つの施設のほかにも、グループホーム、ケアハウスなどもありますが、利用者人数と最近の増設状況からみて、この3つに絞って違いを見てみましょう。


介護施設の最も大切な介護ケアの基準を示す「特定施設」とは、
  入居の要介護者に対して、入浴・排泄・食事等の介護、その他の日常生活上ならび 
  に療養上のケア、機能訓練をする施設のことです。

3つの施設の違いを要約すると以下のようになるのではないでしょうか。
 ・特養は介護の質と費用負担の幅広い支持が必要な公的介護の施設であるのに対して、
 ・有料老人ホームは民間経営で多様なニーズに対応する施設であり、
 ・サ高住は介護施設不足をカバーする施設として高齢者の住まいの視点でも設置され
  た事情が窺えるのではないでしょうか。

高齢者介護施設の数と入所定員数
少し前までは、高齢者施設と言えば、希望する施設に「なかなか入れない」というイメージがあったのですが、特養などの施設の定員は、現在どうなっているのか見てみましょう
2010年から2018年の間で、特養・有料老人ホーム・サ高住が、相当数の新増設があり、下表のように入所定員は、この間で約2倍(198.1%)に増えています


                 (※1)厚労省資料に基づき筆者が作成
このほかに、施設数はほぼ横ばいですが、認知症グループホームや介護老人保健施設(老健)などもあります。(グループホーム20.5万人、老健36.4万人の定員)

要介護の高齢者が増えるのに対応するため、官民の取り組みで、受け入れるこれら3施設の数と入所定員も大幅に増えていることが分かります。

特養の入所待機者数はどれほど減少したか
特養の入所待機者数の多さが社会問題となったことがありましたが、特養の定員はこの約10年間で135%増えたうえに、新設のサ高住や有料老人ホームも増えました。
その結果、特養の入所待機者数は2014年の52.4万人から2019年4月では、29.2万人に減少しました。(※2)

特養の入所基準が要介護3以上に改定されたこともありますが、上述の通り特養・有料老人ホーム・サ高住等の介護施設が増え、10年前に比べて入所しやすくなったと言える状況のようです。
一般的に特養入所希望者は、複数の施設に入所申込みをしているとも言われていますので、入所待機者の実数は、もうすこし少なく見ることも可能と思われます


特養・有料老人ホーム・サ高住の費用比較
これら3施設の費用を客観的に比較するデータはありませんが、厚労省と野村総研のアンケートデータを元に、おおよその比較をしてみました。


**厚労省 介護老人福祉施設(参考資料(※))21P
***野村総研 高齢者向け住まい及び住まい事業者の運営実態に関する調査研究p29~31

・有料老人ホームは、介護付きと住宅型の2種類がありますが、ここでは合計の平均値のデータを表示しています。
入所時一時金は平均で235.9万円になっていますが、実態は数千万以上の高級施設を含めて多様です。
有料老人ホームの1ヶ月の平均費用は17.7万円ですが、
   介護付きでは25.0万円、住宅型では11.8万円になっています。
・サ高住の場合は、特定施設の月間費用は少し高額(2%程度)になっています。
特定施設指定のサ高住は、実態は介護付き有料老人ホームと変わらない施設もあり、入所時一時金も数百万円以上の高級施設もあります。

まとめ
高齢者の急増に対応するため、ここ数年の間に数多くの特養、有料老人ホーム、サ高住が新設されたことによって、高齢者の施設の選択肢が増えました。
比較的リーズナブルな費用の施設から高級な施設まであります。
施設選びは、入所者の健康状態、施設の立地、機能、自宅からの距離、費用など多くの要件が考慮材料としてあります。
60歳代後半からは、自分自身のため家族のために、様ざまな施設を見ておくことも有意義なことではないでしょうか。

出典(※1)厚労省 2019年 介護サービス基盤整備について <参考資料>
https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000547178.pdf
(※2)厚労省 特別養護老人ホームの入所申込者の状況
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12304250-Roukenkyoku-Koureishashienka/0000041929.pdf
 https://www.mhlw.go.jp/content/12304250/000581323.pdf

2020年11月14日